INTERVIEWS

インタビューシリーズ

Heroes of Lawson Staff

Heroes of Lawson Staff: ホーン・イー・ティーンさん

Click here for the English version.

  • 簡単な自己紹介をしてください。

ホーン・イー・ティーンと申します。台湾出身の22歳で、東京に住んでいます。2019年4月から日本語学校で勉強をしていますが、その前の一年間は、ワーキングホリデービザで在日していました。

 

  • 日本に住んでみたいと思ったきっかけは何ですか?

日本の伝統文化と料理が元々好きで、国内の色々な場所(沖縄、関西、北海道)に旅行してからは更に日本に興味を持つようになりました。それで、日本での生活を考えるようになって、ワーキングホリデービザを取得しました。

 

  • 将来の夢はありますか?将来の自分は、どのようなイメージですか?

日本語学校を卒業しても学業を続ける予定です。デザイン関係の仕事をしたいので、その為にデザインの専門学校に通いたいと思っています。将来の夢は、昔からおしゃれなマガジンのデザイナーになる事です。あとは、日本で過ごす時間がものすごく楽しいので、充実した生活を日本で続けたいです。

 

  • 何故ローソンで働くことになりましたか?ローソンのアルバイトは、どこで知りましたか?

ローソンスタッフについては、日本でワーキングホリデーを考えている人向けに職業紹介を行なっている会社の方に教えて頂きました。台湾ではサービス業(カフェ)の経験もありますし、日本語能力を上達させたかったので、日本でもサービス業を探すことにしました。お客さんとのコミュニケーションはサービス業でとても大切な要素ですから、仕事は日本語の練習にもなります。工場みたい職場だと沢山会話する機会はあまりないですよね。

 

  • 日本の仕事の文化についてどう思いますか?母国の仕事の文化に比べると、どのような違いがありますか?

日本の仕事は厳しい決まりが沢山あると言われていますが、私は、それは良いことだと考えています。ルールがちゃんとあれば、従業員は正確に働けます。私自身の経験から考えて、台湾のように決まりが明確にされない場合、問題が起きてしまう場合が多いんです。

 

  • 仲間との人間関係はどうですか?初めての出会いのときに歓迎されていると感じましたか?

スタッフの皆はすごく優しくて、仲良くしています。日本人だけでなく外国人の仲間も多いので、ベトナムや韓国など、様々な国について知ることができました。初めての出勤の時は、各店舗の店長さんがいつも温かく歓迎してくれて、仕事内容や決まりごとなどを詳しく説明してくれます。

 

  • 今まで働いていたローソンのお店に関係がある懐かしい思い出・話があれば、教えてください。

優しくしてくださった店長さんたちに感謝しています。食べ物や飲み物を頂いたことは何度もありますし、埼玉県の駅から徒歩30分の店舗で働いた際には、店長さんが駅まで車で送って下さったこともあります。

 

  • 他の外国人にローソンでのアルバイトをお勧めしますか?

はい、お勧めです。シフトは自由で、自分のライフスタイルに合わせて働けますから、旅行に沢山行きたい人に向いています。日本語を練習したい人にもお勧めします。それと、仕事に対して不安がある方、ローソンスタッフのトレーナーさんが何でも優しく教えてくれるので心配は無用です!

 

私たちは新しい「HERO」をいつも大歓迎しています。あなたも気軽に参加してみませんか?

申し込みたい方は以下の「Apply」ボタンをクリックしてください。